手弁当では限界がある。ボランティアでは続かない。森を元気にするためにコトを起こし、モノを作る。ヤブクグリ、これまでの仕事。

■情報収集

平成24年3月29日(木)~31日(土)
原田市長に挨拶、その後日田市内の各所を訪問。終了後、何をやっていくか話し合う。
〈 訪問先 〉原田市長、田島山業、トライ・ウッド、廣瀬資料館(豆田町)、日田林工、日田シネマテーク・リベルテでマルマタ林業株式会社・高村木工所・伊藤製材所・杉山製材所、日田杉資料館、マルマタ林業株式会社、みくま飯店、たこ万本店、うまかもん亭みずき、天領日田洋酒博物館
W1-1

W1-2

W1-3

W1-4

W1-5

 

平成24年5月14日(月)、15日(火) 
日田市内の各所を訪問。
〈 訪問先 〉日田市森林組合、株式会社天領木、小鹿田焼窯元、九州木材市場、原田左研、東華ファミリー

W2-1

W2-2

 

平成24年9月11日(火)~13日(木)
福岡天神「屋根裏獏」にて打合せ後、翌日、日田に集まり、「日田きこりめし弁当」の打合せを行い、関係者を訪問する。
〈 訪問先 〉寶屋、マルゲン株式会社、うどんたかむら、イタリア料理タオ

W3

 

平成24年11月11日(日)~13日(火)
「日田天領まつり」、「千年あかり」見学。翌日、日田市内の各所を訪問。
〈 訪問先 〉マルマタ林業株式会社の山、瀬戸製材所、横尾木工所、日田時報印刷所

W4-1

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

W4-5

 

平成25年2月3日(日)
「日田杉ヤブクグリ」を宮園神社へ見に行く。その後、「小鹿田焼の里」を訪問。

W5-1

w5-2

w5-3

W5-4

 

平成25年5月3日(祝)~5日(祝)
佐々木敏光宅(家具デザイナー)を訪問する。その後、三隈川上流から下流の製材所見学、「パトリア日田」の舞台裏を見学する。

W6-1

W6-2

 

平成25年9月2日(月)~4日(水)
『木都日田案内』の撮影・取材を兼ね、各所を訪問。
〈 訪問先 〉カネサダ横尾製材所、PIP’S、東華ファミリー、赤司日田羊羹本舗、みどりパン、小鹿田焼、九州木材市場、大黒屋菓子舗、すし処おこぜ、夜明薬湯温泉、みくま飯店、日田シネマテーク・リベルテ、ダイヤル、うまかもん亭みずき、たこ万本店、日田アストロボウル、すて~き茶寮和くら

W7-1

W7-2

W7-3

W7-4

 

平成26年5月9日(金)~10日(土)
「NPO九州森林ネットワークプレミアム研修in日田」
NPO法人九州森林ネットワークのメンバー(理事長北里耕介小国町長)が約20名日田へ。森林・林業を切り口に、地域の活性化の為に様々な活動をしている「ヤブクグリ」と「寶屋」での勉強会や「小京都の湯みくまホテル」での交流会を開催した。また、日田市内の先進的な林業・製材関連施設をご案内。勉強会終了後は、寶屋で日田きこりめし弁当を味わう。
〈 訪問先 〉日田杉資料館、日田林工高等学校、株式会社グリーン発電大分、月隈木履

W8-1

W8-2

平成26年5月25日(日)
NPOみつばち百花の活動視察
四月と十月のみつばこさんの案内。青木隼人氏も合流。はちみつを採取する体験からスタートし、養蜂所へ・・・黒い網をかぶって、みつばちさんの近くに接近。取組みの説明を聞きながら杉山で養蜂場ができないか考える。
mitsubachi1
mitsubachi2

 

■企画会議
「川上川下プロジェクト」…木製品流通の川下である魅力的な木造住宅や木工製品を増やし、川上に位置する林業の活性化や木材の需要喚起につなげ、循環型社会を目指す業際を超えた連携プロジェクト。

― 平成25年7月20日(土) 寶屋にて、ヤブクグリの宴会に大分建築士会日田支部を招き、今後の打合せを行う。
― 平成25年11月29日(金) 「北九州ゼムケンサービス」にて、日田杉材の使用するにあたっての建築士との打合せの進め方を話し合う。
― 平成26年3月21日(祝) 寶屋にて、「川上川下プロジェクト」スタート。ヤブクグリメンバーを中心に、大分県建築士会日田支部、トライ・ウッドも参加。今後の木材活用について話し合う。

WK1

 

出版物・商品開発  ※価格はすべて税抜です。

『日田創刊準備号ヤブクグリ』(平成24年12月19日発行) 価格:300円
「専用ペーパーナイフ」(平成24年12月19日発売)価格:1,500円
『日田創刊準備号ヤブクグリ2号』(平成26年3月31日発行)価格:300円

WP1

 

「日田きこりめし弁当」(平成25年2月2日発売)価格:880円
WP2

 

『木都日田案内』(平成25年10月16日発行)価格:200円
WP3

 

「日田きこりめしTシャツ」 色:白、紺、グリーン サイズ:S~XXL 価格:2,800円
WP4

 

「日田きこりめしトートバッグ」 色:白、紺 価格:小1,800円 大2,500円

WP5

 

「ヤブクグリぐいのみ」
WP6

 

「飛騨日田丸太てぬぐい」
WP7

 

「飛騨日田秋田トートバッグ」
WP8

 

「飛騨日田秋田シャツ」
WP9

 

「ヤブクグリ公式ホームページ」開設

平成26年6月25日(水)
http://yabukuguri.com

yabukuguri

「三隈川かっぱめし」(平成26年9月9日発売)価格:880円
kappameshi

『日田創刊準備号ヤブクグリ3号』(平成26年10月2日発行)価格:300円
yabukuguri2014.10.4

■イベント

「三隈川に筏を浮かべます」
杉の丸太を使って何か愉快なことができないかと考え、三隈川で筏を組んで木を運んでいたという話をもとに筏を浮かべました。牧野伊三夫による筏のスケッチをもとに組立て、江副直樹によるスローガン「いま、森を見よ」を掲げました。また予算がない為に、九州木材市場から使用後に返却するという約束で、無償で貸与しました。日田市内から参加者も集まり、筏の体験をして楽しみました。このことが話題になり、日田市内の各種メディアに取り上げられ、「ヤブクグリ」の名が日田市内に広がってきました。
日時:平成24年8月10日(金)~13日(月)

WE1-1

WE1-2

WE1-3

WE1-4

WE1-5

WE1-6

WE1-7

WE1-8


「ヤブクグリ」発足式
活動に来るメンバーが増えてきて、平成24年7月24日(火)に、正式な会を設立。それを受け発足式を開催。内容は、名刺配布会、各係からの挨拶や、「コツコツ節」の舞踊、青木隼人氏によるギター演奏など。ヤブクグリの会員がはじめてみんなで集う。
日時:平成24年8月11日(土)
場所:寶屋

WE2-1

WE2-2

 

 

「日田きこりめし弁当」先行販売会
平成24年8月頃から、牧野伊三夫のイラストをもとに、内容の試食会やパッケージや包装紙、箸袋の制作を進めていき、ようやく完成。「山にクラゲがやってくる」講演会&トークショー同日に、先行販売会を行い、80個用意したお弁当は、完売となりました。
場所:寶屋

WE3-1

WE3-2

WE3-3

WE3-4

 

 

「日田きこりめし弁当」試食会
日時:第1回試食会:平成24年9月12日(水)
第2回試食会:平成24年11月12日(月)
第3回試食会:平成24年12月9日(日)

WE3-5

 

 

「山にクラゲがやってくる」 講演会&トークショー
1部では、エチゼンクラゲを乾燥させチップにして、飼料を混入したものを、インドネシアのバリ島などの砂漠化した土地に敷き詰めて、植林して緑化再生するという実験を行っている江崎次夫名誉教授をお招きして「山にクラゲがやってくる」講演会を行った。2部では、実際に現場の森林保有者である、田島信太郎氏が加わり、江崎次夫名誉教授もパネリストになり、牧野伊三夫がコーディネーターをして、日田の林業の現状や今後どの様な取り組みを行っていけばよいかというトークショーを開催した。日田の林業関係者をはじめ一般の方々も含め80名程度参加者が集まった。
講演会 講師:江崎次夫氏(愛媛大学農学部農学博士名誉教授)/トークショー パネリスト:田島信太郎氏(田島山業株式会社代表) 江崎次夫氏(愛媛大学農学部農学博士名誉教授)/コーディネーター:牧野伊三夫
日時:平成25年25年2月2日(土)
場所:寶屋

WE4−1

WE4-2

 

 

谷尻誠×ヤブクグリによる休憩所 「FORREST in IMS」
福岡天神イムズ「FORRESTプロジェクト」イムズ正面玄関前に、九州木材市場の「樹齢300年の杉丸太の展示」を行う。
日程:平成25年4月17日(水)~26日(金)

WE5

谷尻誠×ヤブクグリによる休憩所 「FORREST in IMS」トークショー
牧野伊三夫、黒木陽介が出演して伊藤創研氏、谷尻誠氏とトークショーに参加して、ヤブクグリの活動を紹介する。同日に、福岡市ではじめて、日田きこりめし弁当販売会も行う。
日程:平成25年4月29日(祝)

 

「2013 ADC展/2013 Tokyo Art Directors Club Exhibition」
「日田きこりめし弁当パッケージ・包装紙」の展示を行う。
日程:平成25年7月4日(木)~29日(月)
場所:クリエイションギャラリーG8(東京)

WE6

 

「2013 ADC展/2013 Tokyo Art Directors Club Exhibition」トークショー
富田光浩、牧野伊三夫、梶原道生がトークショーに出演。同時に、佐々木美徳、黒木陽介が、「日田きこりめし弁当」・「創刊準備号ヤブクグリ」販売会を行う。
日程:平成25年7月26日(金)
場所:クリエイションギャラリーG8(東京)

WE7-1

WE7-2

 

 

「小石川植物園スケッチ会」で「日田きこりめし弁当」
「Café and Gallery 燈灯」の「小石川植物園スケッチ会」で、京都「nowaki」にて「日田きこりめし弁当」を製造、参加者へ配布。
日程:平成25年10月19日(土)
場所:京都市動物園

WE8-1

WE8-2

 

 

ADC賞授賞式
ADC賞授賞式に富田光浩、牧野伊三夫、梶原道生、町谷一成、佐々木美徳、黒木陽介が参加。
日程:平成25年12月3日(火)
場所:帝国ホテル(東京)

WE9-1

WE9-2

 

 

飛騨高山市視察研修
ヤブクグリ使節団が、飛騨高山市視察研修へ行く。飛騨産業株式会社などを中心に、飛騨高山市の林業を学ぶ。日田市長と高山市長の対談にも参加する。
日程:平成26年2月14日(金)~16日(日)
場所:飛騨高山市

140215_144532

WE10-2

 

 

「日田杉屋台」お披露目会
町谷一成、上玉利俊哉、小笠原正樹が、「日田杉・竹」を使用した屋台のお披露目会を行う。
日程:平成26年3月22日(土)
場所:寶屋

 

WE11

 

 

「日田杉ヤブクグリ」伐採体験
現場体験ということで、マルマタ林業作業場に入り、伐採体験をした。伐採した木が、なんと日田杉ヤブクグリだった。
日程:平成26年3月22日(土)
場所:熊本県阿蘇郡小国町(マルマタ林業作業場)

WE12-1

WE12-2

WE12-4

WE12-3

WE12−5

岩田屋本店で「日田きこりめし弁当」販売
岩田屋本館地下2階食品 フードコレクション「グローバルグリーン筑後川流域の食卓」で「日田きこりめし弁当」を販売しました。
発売日:平成26年5月14日(水)、17日(土)、18日(日)11:00より販売開始
料金:1,080円(税込 ※木都日田案内付)
数量:各日30個(3日間ともすべて完売!)
場所:岩田屋本店本館地下2階食品フードコレクション
iwataya

 

「マキマキ杉1号」製材
平成26年3月22日(土)に「日田杉ヤブクグリ」伐採体験で伐採した杉を「マキマキ杉1号」と命名。これから数か月乾燥を行い、この杉で家具などをつくる予定。まずは製材を行った。
seizai1seizai3

「三隈川かっぱめし」試食会&ポスター撮影会
「山」と「町」をつなぐヤブクグリの活動をたくさんの人に知ってもらおうと誕生した「日田きこりめし」の兄弟分として、「山」とは切っても切り離せない「川」、水郷日田のシンボル三隈川を、もっと美しく、多くの人に訪ねてきてほしいという願いをこめて「かっぱめし」を発案。中身はもちろん、付け合せの醤油、器、包装紙にいたるまで、メンバー知恵を出し合い、唾を飛ばし合い、喧々諤々試食や試作を繰り返した。そうこうするうちに牧野画伯のポスター原案が出来てきて、カメラマン中西 ゆき乃さん(ヤブクグリではパーティ係その2)がなんと娘さんを人身御供・・・ではなくモデルに起用し、チャーミングなカッパ娘が誕生。めでたく「三隈川かっぱめし」&ポスターが完成したのでありました。

詳しいメイキングはこちら→ 1 2 3 4 5 6 7 9 8 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

日時:平成26年7月6日(日)
場所:寶屋、三隈川
kappa

「マキマキ杉1号」家具つくり

平成26年3月22日(土)に「日田杉ヤブクグリ」伐採して、製材して乾燥させた材料を使って家具の制作。牧野伊三夫は机と今秋いとへんギャラリー(大阪)で展示する日田杉彫刻を。今回特別参加された遠藤哲夫氏は、ちゃぶ台を。
マキマキ杉ワークショップ
日経TRENDY EXPO
日経BP社が主催する初のEXPOに地方創世の枠で「ヤブクグリ」として出展。日田きこりめしの販売や、グッズの販売を行い、併せて大分県日田市の情報発信を行いました。2日目は、プロデュース係も江副直樹氏も講演会で登壇。また、ヤブクグリ東京メンバーや寶屋佐々木美徳社長の同級生も駆け付けてくれ、午前中で完売。
日時:平成27年11月20日(金)~21日(土)
場所:ベルサール秋葉原(東京都千代田区外神田3-12-8住友不動産秋葉原ビル)
内容:日田きこりめし弁当等の販売(※20日15個、21日28個を販売。)
日経トレンディエクスポ

「みんなの祭2015 木の町日田」で「日田きこりめし」販売
日時:平成27年12月13日(日)
場所:パトリア日田
料金:880円
数量:限定30個(※完売)

みんなの祭り2015木の町日田

「木づかいシンポジウム」
アクロス福岡で開催された『木づかいシンポジウム』にて、我らがヤブクグリプロデュース係、江副直樹氏による「ヤブクグリの試み。~この国の山と森が気になる。~」としてヤブクグリの事例紹介が行われました!会議場の巨大なスクリーンにつぎつぎに映し出される巨大な牧野伊三夫画伯やきこりめし弁当の写真!圧巻でした。
日時:平成28年9月25日(日)13:30~
場所:アクロス福岡
内容:【開会挨拶】日本木材総合情報センター
【講演】玉置 賢氏(林野庁 林政部 木材利用課長)
【事例紹介1】 「ヤブクグリの試み。~この国の山と森が気になる。~」江副 直樹氏(ヤブクグリ プロデュース係)
【事例紹介2】 「フェアウッドのあるくらしの薦め」矢房 孝広氏(宮崎県諸塚村 企画課長 兼 地方創生担当課長)
【クロストーク】 江副 直樹氏(ヤブクグリ プロデュース係) × 矢房 孝広氏

kidukai2
kidukai1

「FOREST GOOD2016~間伐・間伐材利用コンクール~表彰式」
「日田きこりめし(杉わっぱのお弁当容器)」で、Forest Good2016~間伐・間伐材コンクール~で、間伐推進中央協議会会長賞を受賞しました。
日時:平成28年10月21日(金)
場所:コープビル5F第一会議室
forest-good2016_1
forest-good2016

「WOOD DESIGN2016」
「ヤブクグリ全般の活動」で、WOOD DESIGN2016 ソーシャルデザイン部門 奨励賞受賞を受賞しました。
日時:平成28年12月8日(木)
場所:東京ビックサイト レセプションホール
IMG_0796

ファッションデザインの合同展示会「ROOMS」
「ROOMS」で、ウッドデザイン賞の受賞作品展示スペースにヤブクグリの活動に関する、「日田きこりめし」、「三隈川かっぱめし」サンプルや、日田創刊準備号1号・2号・3号、木都日田案内やリーフレットを展示した。
日時:平成29年2月15日(水)~17(金)10:00~18:00
場所:「国立代々木競技場第一体育館」エシカルゾーン内

農林水産省7階「林野庁・中央展示」
「林野庁」で、ウッドデザイン賞の受賞作品展示スペースにヤブクグリの活動に関する、「日田きこりめし」、「三隈川かっぱめし」サンプルや、日田創刊準備号1号・2号・3号、木都日田案内やリーフレットを展示した。
日時:平成29年3月13日(月)~17(金)9:00~17:00
場所:農林水産省7階(東京都千代田区霞が関1丁目2番1号)

■総会

第1回ヤブクグリ総会
日程:平成25年7月21日(日)
会場:寶屋

WS1

第2回ヤブクグリ総会
日程:平成26年7月6日(日)10:00~
会場:寶屋
内容:平成25年度活動報告、決算報告、平成26年度活動計画、収支計画、新入会員紹介

sokai2

第3回ヤブクグリ総会
日程:平成27年11月23日(祝)10:00~
会場:寶屋
内容:平成26年度活動報告、決算報告、平成27年度活動計画、収支計画

総会1 総会2 総会3

第4回ヤブクグリ総会
日程:平成28年6月18日(土)
会場:寶屋
内容:平成27年度活動報告、決算報告、平成28年度活動計画
総会

■ヤブクグリの森プロジェクト
ヤブクグリが“森”を所有又は、賃貸して、ここを中心に活動を行っていく。

第1回森の見学会
日程:平成28年6月18日(土)
場所:千倉ダム※大久保市有林、白金尾市有林
IMG_1888